若者の車離れが問題視されていますがそれにはレンタカーの利便性や値段、わナンバーへの抵抗などが関与していると思われます。
私は学生のころから毎月必ず車を借りて旅行をしています。当初は免許をとりたてで自分の車を持っていなかったので「最悪壊れてもいいか」くらいの軽い気持ちで借りたのがきっかけです。
はじめてのレンタカー、ホームページからまず会員登録、サイズ、車種、オプション、、、と複数の項目を入力しようやくや役確認画面へ。
「めんどくさいな」というのが正直な感想でした。そして当日を迎え店舗へ到着。
よし楽しむぞと意気込んでいる中カウンターでさらなる手続きの説明と記入。
30分ほどの処理を経てやっと出発という流れでした。車を借りるということはこれだけのリスクを抱える重大なことなんだと納得していました。
が、しかし。現在は数分でこの手続きが済んでしまいます。スマホ一つで決済まで、しかも当初よりも安い!たとえば5人乗り12時間のレンタルで6000円ほどで借りれてしまいます。ガス代を含めて4人で丸1日ドライブをしたとしても1人3000円ほどで済んでしまいます。荷物を運んだり混雑を回避したりするのには十分なコストパフォーマンスではないでしょうか。学生や家族などただ足があればいいという考えなら文句ないと思います。
ここでさらなる疑問として思い浮かんだのは「こんなに安くて大丈夫?」「わナンバーで恥ずかしくないの?」という点です。
結論から言うと問題ありません。まず安さに関しては安い=危険というイメージがあるかと思われますが心配無用、グレードの選べる安全保障が受けられます。さらに心配な方はワンコイン保険なるものも保険会社が提供しています。その名の通り1日ワンコインでその日限りの保証が受けられるものです、便利ですね。実際に私も遠出や大人数の際に利用しています。
最後はわナンバーについてですが、そもそも私のように気軽にレンタカーを借りている方が増えてきているように感じます。
便利になり手間も取られずすぐにレンタル。普段の手入れや車検などのコストを考えるのであればナンバーのことなど気になりません。まあ将来的にはマイカーもほしいですが笑
何はともあれ、今のレンタカーは便利で安いということです。もっと詳しく⇒沖縄地方でレンタカーを借りたい!当日の予約は可能か?