私は3年前に結婚式を挙げたのですが、結婚式場を選ばずカフェweddingという選択をしました。

結婚式には色々な形式がありますが、私達は招待したみなさまと距離が近く、一度きりの結婚式を楽しく盛り上がりたいという漠然とした希望があり、型にはまって繰り返されてきた結婚式場は除外しようと考えました。

個性的な結婚式をしたい。オリジナルでありたいという思いが強かったのです。

オリジナル結婚式制作してくれる会社をウェブサイトでみつけウェディングプランナーに依頼し、共に作り上げるように一から始めてもらいました。
まだこの頃はどんな結婚式にするのかイメージが漠然としていました。
個性を主張する割に具体的にしたいことがあまりなかったのです。
キーワードから会場候補を紹介し、挙式日決めたら契約という流れでした。

紹介された場所は東京の水道橋駅近くのカフェで、敷地内にボートが乗れる大きな池があり、開放的で素敵なカフェでした。
お互い海の景色が好きで本当は海沿いの式場を選びたかった私たちは即決をしました。
そしてそのプランナーに信頼をおき契約をしました。

それから招待状の作成、プランニングなど1年近く猶予があって余裕があった日もあっという間にすぎ、細かいことに気づきだしながら些細さことでぶつかり合ったりしました。
この事は皆さん同じ経験をしてると存じます。

当日は晴天の吉日、大きなトラブルもなく、人生で一番楽しいと感じた幸せの時間をイメージ通り過ごせました。
心から結婚式を挙げてよかったと今でも思っています。

最後に式場の方が良かったなと思う点を少し、
まずレストランの貸切は時間貸しでしたのでタイトなスケジュールになりました。2人だけのしっかりとした結婚写真というものを撮ることが出来ず、集合写真はのみです。
お色直しもあって、実際本当にタイトでした。
延長してしまうと予算が変わってしまうので、急ぎ足です。
もう少し晴れの日を味わい、残すものが少なかったことは少し気にしています。

それでもあの時間は忘れることがないでしょうし、皆さんにも私たちの思いを共有できたことでやっと結婚した実感がありました。

結婚式 安い 埼玉県