私がダイエットを1番頑張っていたのは、20代半ば頃でした。
きっかけは、当時好きだった人を振り向かせたかったからです。

やり方は、1日の摂取カロリーを1200キロカロリー以内にするというもの。
自分の基礎代謝量が1200キロカロリーだったので、生きるのに必要なカロリーだけ摂取すれば痩せるだろうと思い始めました。

まずはいろんな食材のカロリーを調べました。
白米や野菜、自炊したものなど、カロリーが書かれていないものはネットで1食分のカロリーを調べ
カロリー表示のある食材は必ず確認し、その中で1番カロリーの低いものを選んで買いました。

ごはんを盛るときは、はかりで重さをはかってカロリーを計算しました。
他のお味噌汁やおかずも同様に、使われた食材の種類・量・調味料まで考えて計算しました。

そうやって徹底的なカロリー制限をして、絶対に1200キロカロリーを超えないように毎日頑張りました。

効果は結構早く出ました。
見た目では、ウエストがかなり細くなりました。
あごのラインもシャープになった気がしました。

体重をはかってみると、5㎏ぐらい痩せていました。
期間は、1か月経たないぐらいだったと思います。

私は痩せられたことが嬉しくなり、それが自信にも繋がりました。
自然と笑顔でいることが増えていきました。

ですがある日、同僚に真顔で「病気?」と聞かれました。
こんなに元気で毎日楽しんでるのになんでだろうと思い尋ねると、
「顔色が良くないし、頬がこけてる」と言われてしまいました。

私はびっくりしてかたまってしまいました。
ウエストと体重の数値ばかり見て満足していましたが、
いつの間にか私は不健康そうな見た目になっていたんです。

正直、5㎏も痩せられたので、「痩せて綺麗になったね!」とか言われちゃうんじゃないか?と
ニヤニヤしながら期待してしまったときもありました。

でも現実は違って、心配されてしまいました。

ショックでしたが、改めて鏡で顔と全身のバランスを見てみると、
同僚の言う通り、不健康な自分がいました。

こんな見た目じゃ好きな人も振り向いてくれないだろうし、
何より周りに心配かけてしまう。
その日から、カロリー制限はやめました。

今はその時より10㎏ぐらい重いです。
ですが、当時好きだった人と最近付き合い始めました。

今思うと、彼のタイプも知らずに、自分のためだけにダイエットしてたように思います。
それじゃ振り向いてもらえないですよね。

今は、好きな人のために健康的な食事を毎日作っています。
だから、見た目はあの頃よりいいと思います。体重は重いですが。

ダイエットには失敗しましたが、細ければいいってもんじゃないと学べたし、
いま好きな人の隣にいられるので、いい経験だったなと思います。
おすすめ⇒ホットヨガ 新潟市